東御市芸術村スケッチ大会

長野県東御市梅野記念絵画館では、毎年夏にスケッチ大会を行っています。
f0234598_15204487.jpg


梅野記念絵画館が在る芸術むら公園内で、動物のスケッチをしたり、様々なワークショップに参加し1日を過ごすという取り組みです。

f0234598_1523327.jpg
f0234598_15231698.jpg
f0234598_191773.jpg

動物は近くの観光牧場からレンタルします。



様々なワークショップと鑑賞会

かき氷自転車
f0234598_0322152.jpg


丸子修学館高校美術部のワークショップ。毎年パワフルなWSを展開。
f0234598_0323433.jpg
f0234598_0325810.jpg
f0234598_0332852.jpg
f0234598_0334632.jpg



スケッチ大会のユニークなところは、小学生以下の作品はその場で作品鑑賞し講師の方々から賞状が手渡されます。その際に、講師の方々は、子どもの絵の優れているところや子どもの絵の見方を、ていねいに保護者に解説します。講師は、大学の教授、県内外の美術科の先生、画家など、10名の造形美術教育のプロが担当します。


f0234598_0335752.jpg
f0234598_03412100.jpg

中学生が自分の作品について語る。青空ギャラリートーク
f0234598_0343164.jpg


いくつもの大学が参加し、ワークショップを盛り上げました。学生同士の良い交流の場にもなっています。

清泉女学院大学の木工作。子どもに大人気。大人もついつい真剣になっていました。
f0234598_034496.jpg

和光大学「森の迷路」スズランテープの罠でなかなか先に進めない。後片付けも片付けWSにして、ゴミの分別学習に。
f0234598_035523.jpg

武蔵野美術大学「すてきな帽子」クラフト紙で帽子作り。森で見つけたすてきな飾りを付けて完成。
f0234598_0352048.jpg

武蔵野美術大学の学生によるお絵描きWS「ラップアート」透明なラップに絵を描き、透けて見える風景に好きなものを描き加える。
f0234598_0355199.jpg
f0234598_036658.jpg


丸々1日アート三昧。夕方には何もなかったかのようにまた美しい松林や芝生の姿に戻りました。
[PR]
by ge2a-ymmz | 2010-04-07 15:23 | ワークショップ


<< 埼玉県立近代美術館 「MOMA... 全造連(美術館部会)ブログ開始... >>